特許を取得する3つのメリット

特許を取得する3つのメリット

特許取得は、競業他社の製品のコピーを防止が主な目的とおもわれがちですが、
どのようなメリットが得られるのでしょうか?
今回は、特許の取得によって得られる3つのメリットについてご紹介させていただきます。

【メリット1】特許に係る発明を独占排他的に利用できる

1つめのメリットとして、特許を取得すると、特許に係る発明を独占排他的に利用できます。
発明を自分や自社で産んだ場合、それだけでは、他人や他社に真似をされても、それを中止させたり、それに対して損害賠償金を請求することはできません。しかし、その発明について特許を取得すれば、まず、他人や他社は、真似をすることができなくなります。これは特許法により決められていることです。もしも、他人や他社が特許法に違反して、真似をした場合には、それを中止させたり、それに対して損害賠償請求をすることができることが特許法で定められています。

【メリット2】特許の利用に対して利用料を受け取ることができる

2つめのメリットとして、他人や他社による特許の利用に対して利用料を受け取ることができます。
取得した特許の実施権を他社に与えることができます。実施権を持った他社は、特許が物のものである場合には、特許を利用した製品を製造したり販売したりすることができます。また、特許が方法のものである場合には、他社は、特許を利用した方法や製造方法実施することができます。自分や自社は、それらの対価として、利用料を受け取ることができます。

【メリット3】利用発明、クロスライセンスの対策

3つめのメリットとして、利用発明、クロスライセンスというものがあります。
AA株式会社が第1の構成要素と第2の構成要素を含む特許発明XXを保有しているとします。その時、あなたは、第1の構成要素と第2の構成要素と第3の構成要素を含む特許発明YYを特許として取得することができる可能性があります。3つの構成要素のうち2つが同じであってもその可能性があるのです。しかし、それだけでは、実は、あなたは、特許発明YYを含む製品を製造したり、販売したりすることができません。何故ならば、そのような行為は、AA株式会社が保有する特許発明XXを実施してしまうことになるからです。では、どうしたら、あなたは、それらをできるようになるでしょうか?
あなたが、AA株式会社に交渉して、あなたが取得した特許発明YYを使っても良いが、特許発明XXを使わせて下さいと申し出て、その契約をすれば良いのです。応用として、ライバル会社が持つ特許を安く使いたい場合に、それを含む特許発明を自ら取得して、上記のような交渉をすることにより、それを可能にすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
当事務所では、特許に関する知識がなく初めて出願手続きを希望される方にもわかりやすくご説明をさせていただきます。
「特許だけ」「商標だけ」ではなく、その全てに精通しているため、お客様にとって最善のご提案ができます。
知財のフクロウまでお気軽にお問い合わせください。
・お問い合わせはこちら→【お問い合わせメールフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いいね!を押して最新情報をGET!

カテゴリー

PAGE TOP