外国で登録商標を取るためにはどうすればよいのか?

日本で日本の登録商標を持っていても、それは、外国の登録商標ではありません。同じ商標を外国でも登録商標にしたいのであれば、外国の特許庁に対して商標登録出願をする必要があります。

多くの国内の特許事務所は外国の特許事務所と取り引きがあります。従いまして、外国で登録商標を取りたいのであれば、国内の特許事務所にまず相談いたしましょう。
補助金制度を利用できる可能性があります。

https://www.jpo.go.jp/support/chusho/shien_gaikokusyutugan.html

多数の国で登録商標にしたいのであれば、国際登録出願の制度を利用することにより各国に出願する場合と比べて安価にすることができます。国際登録出願の手続きの代理は、国内の特許事務所が行うことができます。

外国で他人により自社の商標と同一の商標が登録されてしまう場合があります。このような商標のことを冒認商標といいますが、これを無効したいのであれば、補助金制度を利用しましょう。

https://www.jpo.go.jp/support/chusho/shien_kaigaishingai.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いいね!を押して最新情報をGET!

カテゴリー

PAGE TOP