暖簾分けをした弟子が勝手に自社の商標を使用してしまった

契約で縛ることもできます。
契約で縛っていなくても、登録商標にしていれば、商標法に基づいて使用を差し止めることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いいね!を押して最新情報をGET!

カテゴリー

PAGE TOP