自社の商標を登録商標にしておけば、不要な争いを避けることが出来ます。

商標出願

自社の商標が登録商標になれば、これが特許庁の登録原簿に登録されます。そうすると、誰でも検索システムにより自社の登録商標を見つけることができるようになります。従って、他社が自社の登録商標と同一又は類似の商標を同一又は類似の商品又は役務について商標権を取得したり、使用したりすることを未然に防ぐことができます。自社の商標を登録商標にしておけば、真似をされた時に差止請求をすることができ、また、真似されることが継続した場合に損害賠償請求をすることができますが、それ以前の段階で、問題が生じないようにすることができるということです。他社との衝突を未然に回避できますので、衝突時にコストをかけて解決する手間が省けるということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いいね!を押して最新情報をGET!

カテゴリー

PAGE TOP