AI特許

相談・依頼内容 お客さん対応の電話を録音して、成約した応対と成約できなかった応対を分類できるAIを製品化したのだが、これを特許にしたい。
対応内容 機械学習の特徴部分について特許を取る方針で書類をまとめました。学習のみのサブシステム、運用のみのサブシステム、学習済モデルを記録した記録媒体についての権利化を目指しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP