システムの一部の構成要素について特許権を取得することの意義

システム全体に対応する特許権を取得するよりも有効である場合があります。

他社による実施を禁止できるシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PAGE TOP